時雄は叱《しか》るように言って

 芳子の顔は愈※[#二の字点、1-2-22]《いよいよ》赧《あか》くなった。時雄は激さざるを得なかった。事実は恐しい力でかれの胸を刺した。 時雄は立って厠《かわや》に行った。胸は苛々《いらいら》して、頭脳《あたま》は眩惑《げんわく》するように感じた。欺かれたという念が烈しく心頭を衝《つ》いて起った...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 04:44 pm  

ふと二人の関係に就いての疑惑が起った

「見ていさっしゃい、明日きっと快諾しゃあせんけえ、何のかのと理窟をつけて、帰るまいとするけえ」 時雄の胸に、ふと二人の関係に就いての疑惑が起った。男の烈《はげ》しい主張と芳子を己《おの》が所有とする権利があるような態度とは、時雄にこの疑惑を起さしむるの動機となったのである。「で、二人の間の関係を...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 04:43 pm  

私は女……女です

「それは出来ん。監督上出来ん。二人の将来の為めにも出来ん」「それでは田舎に埋れてもようおます!」「いいえ、私が帰ります」と芳子も涙に声を震わして、「私は女……女です……貴方さえ成功して下されば、私は田舎に埋れても構やしません、私が帰ります」 一座はまた沈黙に落ちた。 暫くしてから、時雄は調子...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 04:43 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0360 sec.

http://industrial-linux.org/