二人の間柄

 二人の間柄に就いての談話も一二あった。時雄は京都|嵯峨《さが》の事情、その以後の経過を話し、二人の間には神聖の霊の恋のみ成立っていて、汚《きたな》い関係は無いであろうと言った。父親はそれを聴いて点頭《うなず》きはしたが、「でもまア、その方の関係もあるものとして見なければなりますまい」と言った。 ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 04:41 pm  

結婚の約束は大きなこと

「どうも怪しいことがあるです。芳子と約束が出来て、すぐ宗教が厭《いや》になって文学が好きになったと言うのも可笑《おか》しし、その後をすぐ追って出て来て、貴方などの御説諭も聞かずに、衣食に苦しんでまでもこの東京に居るなども意味がありそうですわい」「それは恋の惑溺であるかも知れませんから善意に解釈する...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 04:41 pm  

将来の約束

 父親と時雄は暫くその機関破裂のことに就いて語り合った。不図《ふと》、芳子は、「お父様、家では皆な変ることは御座いません?」「うむ、皆な達者じゃ」「母さんも……」「うむ、今度も私が忙しいけえナ、母に来て貰うように言うてじゃったが、矢張、私の方が好いじゃろうと思って……」「兄さんも御達者?」...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 04:40 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0147 sec.

http://industrial-linux.org/